糖質オフにぴったりなふすまパンの通販!糖質制限食・ダイエットに低糖質のふすまパン【フスボン】

Fusubon
  • 0120-240-815
  • カートを見る
  • ふすまパン “フスボン”とは
  • 店舗案内
  • 商品一覧
  • マイアカウント

ふすまパンとは?

2017.08.26

ふすまパン画像

はじめまして!フスボンオーナーの川谷洋史と申します。

本日はふすま・ふすまパンについて改めてご説明したいと思います。

まずは、ふすまとは何?という方のためにふすまについてご説明致します。

 

ふすまとは?

小麦の断面

 

よく建築の引き戸の「襖(ふすま)」と勘違いされるのですが、

そうではなくて、ここでいう「ふすま」とは穀物の外側の皮の部分をいいます。

絵は小麦の断面を簡単にイラスト化したものなのですが、ふすまは表皮、胚芽の部分にあたります。(表皮以外の胚芽も含んでいることが少しマニアックな点です)

英語ではブラン(bran)ともいいますが、たとえばお米の皮の米ぬかの部分もふすまの一種です。

ふすまがスーパーフードと言われることもあります。それは、ふすまには、食物繊維が沢山含まれていて、鉄分・カルシウム・マグネシウム亜鉛・銅などのミネラルも豊富に含まれているからなんです。

また、小麦粉と違い糖質を多く含む胚乳が含まれていないために「低糖質」なのが大きな特徴となります。

次にふすまパンについて説明します。

 

ふすまパンとは?

ふすまパンというのは、広い意味では、パンにふすまを少しでも使用していれば、ふすまパンと呼ばれてしまっていますが、大きく分けて三つあります。英語ではブランパンともいいます。

①全粒粉パン

②中糖質なふすまパン

③低糖質なふすまパン

順次、ご説明致します。

 

①全粒粉パンとは?

全粒粉を使用した食パン

これはお米でいうと玄米のようなもので、皮のついた小麦をそのまま挽いてつくった全粒粉を小麦の代わりに使用して焼いたパンのことです。

砂糖を含んでいることがほとんどです。

糖質自体は普通のパンとあまり変わらず多いですが、食物繊維を含むため血糖値の上昇が緩やかになります。砂糖や小麦の胚乳部分の糖質は多く含んでいます。

数値にすると、通常のパンは100gあたり糖質44.5gに対し、全粒粉のパンは、100gあたり糖質42.5gです。

糖質量はあまり変わらないですが、血糖値の上がりにくさを表すGI値は比較的低く、普通のパンが83に対し、全粒粉パンが52となります。

 

②中糖質なふすまパンとは?

小麦粉とふすまを使用した食パン

砂糖を(なるべく)使わず、小麦粉を用いたパンに、ふすまを加えたパンのことです。

これは砂糖をほとんど使用せず、甘味料で甘味をつけている点で、血糖値の上昇は比較的抑えられていますが、胚乳部分の糖質は含まれており、全粒粉パンよりは低糖質・低GIですが、これから紹介する低糖質パンよりは高糖質となるので、中糖質と表現しました。

100g中、糖質25gから40g(エリスリトールを除く)くらいのパンが多いです。

③低糖質なふすまパンとは?

低糖質なふすまパン

小麦粉や砂糖を一切使用せず、小麦たんぱく、ふすま粉、大豆粉などを主原料とした低糖質なふすまパンのことで100g中、糖質が5gから10g程度のパンを指します。

いわゆる低糖質パン・糖質制限パンと言われるパンのことです。

フスボンは、もちろんこの低糖質なふすまパンにカテゴライズされます。

またフスボンは、砂糖・小麦粉・人工甘味料・トランス脂肪酸・防腐剤・保存料を使用せず、何よりも続けやすいように美味しく仕上げていることが特徴です。

普通のパンにふすまを添加しているだけでも、ふすまパンと呼ぶケースがあるので、低糖質や健康にこだわる方は、しっかり裏面の原材料表記を見るようにしてみてください!

 

フスボンが選ばれる3の理由


1)しっとりもっちりしていて美味しい!

有機ふすまを細かく粉砕しているので、パサパサ感はありません。また大豆粉を湯種として用いているため、もっちり、しっとりとした食感で、食べごたえがあり腹持ち抜群です。

どの商品も高タンパクで栄養価が高く、とっても満足感があります。

 

2)2種の天然甘味料の配合で、絶妙な甘さとしっかりとした深みのある味を実現!

フスボンでは、希少糖(エリスリトール)と最高品質のステビア、2つの天然甘味料の最適な組み合わせで、絶妙な甘みとしっかりとした深みのある味を実現し、後味に甘みが残ることもありません。

 

3)有機ふすまを契約農家で加工、特許製法で大豆粉を処理。嫌な苦みや匂いはありません!

契約農家にて、有機ふすまを最適な時間で焙煎しているので、農薬の苦みやふすまの嫌な匂いはありません。

また、特許製法(第5970657号)で大豆粉を熱湯と酢酸で処理しているしている為、大豆粉独特の青臭さはありません。

投稿者プロフィール

川谷 洋史
川谷 洋史フスボンオーナー
1980年12月大阪生まれ。
東京工業大学 建築学科卒。
一級建築士。大学卒業後、家業であった建設関係の会社に勤務。
2007年より友人と設計事務所を立ち上げ構造計算業務を担当。
2012年ごろより糖質制限にハマり、低糖質で無添加、良質な脂質、人工甘味料を使用しないパンやスイーツがないことから、自作を始める。
2014年9月にフスボンを立ち上げ現在に至る。

趣味
食べること、スポーツ観戦、サウナ、ゴルフ、ゲーム、登山、Youtube

マイブーム
糖質制限×サウナ×オーソモレキュラー

フスボンをお試しになりたい方は、こちらの送料無料お試しセットをお試しください!