ようこそ{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様

10,800円(税込)以上お買い上げで送料半額!

代表挨拶

川谷 洋史(かわたにひろし)

川谷 洋史

自己紹介メッセージ

はじめまして!フスボン代表の川谷洋史と申します。

フスボンのホームページを訪れて頂いてありがとうございます!

ここを読んで頂いているということは、低糖質、糖質制限、ロカボ、ケトジェニック、ダイエット、糖尿病、インナービューティ、オーガニックなどのキーワードにご興味があるのではないでしょうか。

糖質制限との出会い

私は、広告に依存しない会員制のネットニュースメディアを観ていて、たまたま糖質制限のことを知りました。
臨時の司会者が劇的に絞った身体で登場したのをみて驚きました。話を聞くと糖質制限で身体を絞ったとのこと。
テレビやラジオといった既存のメディアは糖質オンのスポンサーにより成り立っている為、糖質制限の話題はほとんど取り上げられないが、効果は絶大だと話されていました。

その時、ちょうどお正月明けで、私はお正月太りをしており、少し痩せたいなと感じていたタイミングでした。

また、ジムにも通っていてトレーニングをしていたので、その効果をさらに高めるには食べるものにもこだわらないといけないなと感じ始めていた時期で、アスリートがしばしば口にする低糖質・高タンパクという言葉が頭の片隅にありました。

糖質制限の本を一冊購入し、(確か江部先生の本だったと思います)興味本位、見よう見まねで糖質制限をはじめてみると、体重が一週間ほどで、すっと2キロ落ちました。(今考えると緩い糖質制限です。)

特に凄いと感じたのは、次の日のお腹周りの感覚です。量は結構食べているのに、お腹がぺったんこになっていました。

ダイエットにありがちな量やカロリーを制限する必要がなく美味しいものを食べて痩せる経験は、私にとって、衝撃的で目からウロコの体験でした。

糖質にさえ気をつけていれば(その当時、ビタミン、ミネラルなどの補酵素などへの意識は希薄でした。。)、基本的にお肉など美味しいものをお腹いっぱい食べれるということで、持続するのにはもってこいだと感じました。

また、私自身、過去に太ったことはありませんでしたが、少し太ったら運動をしたり、食べる量を控えたり自分なりの努力をしていました。芸能人やモデルさんは、どうしてそんなに締まった身体を維持できるのか、全員がストイックに運動をしたり、遺伝的に太らない体質ではないだろうと、それまでは疑問に思っていましたが、こういうノウハウを上手く使われているのではないかと直感的に感じました。

振り返ってみれば、昔から女優さんなどが夜は炭水化物を食べないことなどをメディアで口にされているのを聞いていましたが、じゃあ何を食べるの?また、夜お腹が空いて寝れなくてやけ食いしてしまうのではないか?ただの我慢ではないのか?と思っていましたが、やり方次第でストレスフリーで無理せずに体型を維持できることがわかりました。

川谷 洋史

巷の低糖質食品に対する疑問

糖質制限をはじめて、初期のころは野菜や大豆製品、卵、お肉やお魚ばかりを食べて過ごしていましたが、しばらくすると、どうしても炭水化物的なものやスイーツが食べたくなってきました。

外食となると、その当時なかなか低糖質に対応したメニューがなく、いつでも持ち運べて食べることが出来る低糖質な主食が必要だと感じ、糖質の低い炭水化物もどきを調べていると、ふすまや大豆粉を使ったパンがあることを知りました。

そこで、コンビニのふすまパンやインターネットで低糖質パンを買ってみました。

はじめに感じたことは、どのパンもあまり美味しくなくて、これでは気休めにはなっても持続は出来ないと思いました。

また、ふすまに含まれる農薬やスクラロース、アセチルファムカリウムやスクラロースなどの人工甘味料、マーガリンをはじめとしたトランス脂肪酸、防腐剤や保存料など、低糖質と引き換えに様々な添加物が入っていることを考えると、さらに継続して食べたくないと感じてしまうようになりました。

そこで、普通のパンも焼いたことのない私でしたが、はじめは市販のミックス粉などを利用しながら、自作で納得のいく低糖パンをつくりはじめました。

理系のマインドで試行錯誤すればなんとかなると思い、何故か自信があったのですが、焼きあがるとその自信は消え果て、とても人に食べて頂くようなものは出来ませんでした。

それから数ヶ月、何もせずに諦めていたのですが、たまたまパンを焼くことを趣味にしている人と知り合いになり、その人に一般的なパンについて聞きながら、その人に日々の報告やふすまパンを持っていくことを励みにパン作りを再開しました。

いつも夜9時にパンをつくりはじめ、夜中の2時まで毎日試作をするうちに、ある程度、納得のいくものが作れるようになってきました。

私は、大学でコンクリート構造の研究室に所属していたのですが、砂、砂利、セメントと水に減水剤を加えて捏ねるのとパンの配合を考えてパンを捏ねることは、少し似ているのかも知れないとぼんやり考えていました。

川谷 洋史

理想の低糖質パンを求めて試行錯誤

ふすまパンがある程度作れるようになった段階から、ミックス粉の使用をやめ、ふすま粉や大豆粉などを取り寄せて独自の配合でふすまパンを作りはじめました。

配合の可能性は無限大でしたが、勘に頼らず、そして急がず、一つずつパラメーターを動かして、根気強く試行錯誤を重ねて、巷のふすまパンとは食感も味も全く違う、もちっと美味しいふすまパンが出来上がってきました。

その段階で、糖質制限は、単にダイエットだけでなく、血糖値を安定させ血管に炎症を起こさせない本質的な健康法で、将来的にもっと広がっていくことを確信し、巷の低糖質パンに疑問をもつ人がさらに増えるはずだという思いで、低糖質パンの事業を立ち上げることを決めました。

その後、焙煎機と粉砕機を購入し、有機小麦ふすまを取り寄せて、自宅で有機ふすまを焙煎し、自宅で粉砕し、パンを焼き始めました。

独自に焙煎、粉砕をする分、有機ふすまの含水率や粒の大きさなどパラメーターが更に増えて、うまくいかなくなり、一時はどうなるかと思いましたが、試行錯誤を繰り返すうちに、美味しく食べて貰えるパンが出来上がりました。

川谷 洋史

フスボン開業から今後に向けて

2014年9月にフスボンを開業し、この約5年半の間で、テレビや雑誌などたくさんのメディアにも取り上げていただき、2016年7月には製法の特許製法(第5970657号)も取得出来ました。

幸いにも、フスボンを美味しい!といって頂けることが多く、たくさんのリピーターの方から嬉しいお声を頂く度に、フスボンをはじめてよかったと思います。

フスボンのコンセプトは、美味しくて低糖質。そして、なるべく自然に近いもの。

それを、フスボンのサブタイトルであるDELICIOUS & HEALTHY & NATURALで表現しています。

フスボンは有機ふすま、有機大豆粉、小麦グルテンをメインに使用していますが、大豆粉とグルテンだけを使用した大豆パンなどに比べて、ふすまに含まれる食物繊維やミネラルを一緒に摂れるところが、腸内細菌の働きを良くする点でメリットがあります。

また、こんにゃくや食物繊維を使った糖質が0の麺に対しては、タンパク質や良質な脂質が摂れる点でメリットがあります。

現在は、糖質制限に協賛されている企業も増え、糖質制限と、良質な脂、ビタミン、ミネラルなどの重要さがセットで語られることも多く、カロリー制限を同時に行うような間違った糖質制限が少しずつ排除されつつありますが、まだまだ世間ではマイナーな存在であることは間違いありません。

若い女性がダイエットに悩んで、カロリーを気にして食べるのを控えて拒食症になったというお話や、糖尿病で好きなものや量が食べれず結果、透析に通っているといったお話を見聞きすると心が痛みます。

上記のように大きなお悩みを持つ方々に対してもそうですが、運動した後にその日は食べていいとドカ食いをしてかえって太ってしまったり、食べる量やカロリーを減らした夜に寝れなくなりカップラーメンをやけ食いしてから寝たなど、ダイエットの小さな悩みを持つかたに向けても、コツさえつかめば、沢山好きなものを食べて元気になれて、好きな洋服を着て楽しく過ごせることをお伝えしたいです。

You Tuber的に言えば「好きな食べ物で生きていく」を合言葉に、自分が本当に食べたいと思う商品を開発・発信し、皆さまのご意見を取り入れながら改善を行い、試行錯誤しながら共に歩んでいきたいと思っておりますので、フスボンを末永くよろしくお願いいたします。

川谷 洋史

株式会社コレット

企業理念

フスボンを通じて、低糖質・高タンパクな食生活を一般化し、健康寿命を伸ばし持続可能な社会保障制度の構築の目指す。

低糖質な主食を必要とする社会的な背景について

日本全体が抱える問題として、少子高齢化による様々な弊害が挙げられる。
人口が減るだけではなく、人口ピラミッドの形がいわゆる逆三角形型となり高齢人口の割合が高いため、税収や社会保障収入は減るが、行政コストや社会保障費は増大し、医療や介護に代表される行政サービスや社会保障のコストは、この先削減せざるを得ない状況にある。

上記のギャップを埋めるために、地域での支え合いや相互扶助が今後より重要になってくるが、グローバル化により地域コミュニティは崩壊し、貧富の差が広がり社会の分断は進むばかりで好転の兆しは未だ見られない。

そのような中、健康寿命を伸ばし、70歳を過ぎてからも納税を行い、社会保障を納めれるような身体作りをすることは、社会保障費を削減し、納税額を増やすという大きな意味がある。

では、70歳を過ぎてからも健康に過ごすにはどうすればいいか。
筋肉トレーニングなどで身体を動かすことも重要であるが、私たちが毎日、口にする食事に気をつけることが1番重要である。

メタボリックドミノ

参考文献 慶応義塾大学医学部 腎臓内分泌内科 
伊藤裕 教授 HPより

上のイラストは、慶応義塾大学医学部・腎臓内分泌内科・伊藤裕教授が示されたメタボリックドミノと呼ばれる、生活習慣の乱れが、脳卒中、痴呆症、心不全といった日本人の代表的な死因となっていることを表わすモデルである。
ドミノの元を辿ると、食後の高血糖がある。

同じくドミノの根っこに並ぶ血圧を定期的に測っている人は多いが、食後の血糖値を測定している人は、ごくわずかである。

糖尿病になる前にはヘモグロビンa1cと言われる、糖と結びついたタンパク質の量の割合を示す指標がある。
ヘモグロビンは3ヶ月で生まれ変わるため、過去3ヶ月間の血糖の大小を表す数値となっている。ヘモグロビンa1cは、健康診断などで数値を把握する機会は多いがが、食後の血糖値を測定するためには、微量の採血を行う必要があり、健康のためにわざわざ機器を購入する必要があり、食後に高血糖になっていることに気づく人は稀である。

一方で、現在、採血をせずとも血糖値を測定できるデバイスが欧米を中心に製品化の直前まで進んでいる。Apple Watchにおいても数年内に体液を採取せずに血糖値を採取できる機能が搭載される見込みである。

近い将来、ウェラブルデバイスで、自身の血糖値を時計を見る感覚で測定できる日が目前に迫っている。そうなった場合、今以上に低糖質な食事に焦点があたるようになることを確信している。

食・楽・健康協会の活動

糖質制限をめぐる大きな社会的な動きをもう一点とりあげると、2016年6月に北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟医師を中心とした、食・楽・健康協会がロカボという言葉・マークを掲げて、大体的な活動を開始し、協賛企業には、多くの一流企業が名を連ねている。

山田悟氏も指摘しているが、低糖質な食事をすると陥りがちな間違いが、一点ある。
日本人はカロリー(一日2000キロカロリー)の6割を炭水化物から摂取しており、残りの4割をタンパク質、脂質から摂取している。炭水化物を半分に控えて、炭水化物由来のカロリーを半分にした場合、その分をタンパク質や脂質で補う必要がある。

そこを疎かにするため、筋肉量が減り、リバウンドしやすい身体になってしまう。
炭水化物を半分にした場合、タンパク質、脂質の摂取量を、1.75倍にする必要があるのに、単に炭水化物の摂取量を減らしてしまうのが、糖質制限を失敗する1番の要因である。

また、タンパク質、脂質に合わせて、代謝をより促進する触媒となるミネラルやビタミン、善玉菌の餌となる食物繊維も同時に摂取する必要がある。

我々が提供するふすまパンは、低糖質、高たんぱく、高食物繊維、高脂質、高ミネラル、比較的高カロリーとなっており、低糖質な主食としては申し分ないバランスとなっている。

糖質制限を行うと、肉、大豆、野菜、卵、チーズがメインになるが、主食のようなものがないと持続しないことは、多くの人が主張しており、私自身も糖質制限を行う上でずっと感じていたことである。

以上が、ふすまパンを私たちが製造する社会的な背景、意味である。

新規性、革新性、成長性の自己評価

○米粉パンとの比較
グルテンを含まないというメリットはあるが、糖質は多く、血糖値は上昇し、
小麦アレルギーやグルテン過敏症以外の人にとってメリットは少ない。

○ライ麦パン・全粒粉との比較
ふすまをまるごと含むパンであるが、胚乳部分も含むため糖質は多く、血糖値の上昇は免れない。

○他のふすまパンとの比較
フスボンはオーガニックのふすまを使用している点、砂糖を一切使用しない点、
人工甘味料を使用しない点、マーガリン(トランス脂肪酸)を使用しない、
保存料を使用していない点で他のふすまパンと大きく違う。

また、全粒粉のパンにふすまを加えているだけのパンをふすまパンと呼んでいる場合もあるが、小麦粉を使用した低糖質でないふすまパンは全粒粉のパンに分類される。

会社概要

会社名 株式会社コレット
代表

川谷 洋史

所在地

〒584-0024 大阪府富田林市若松町2-4-28
フスボン大阪パン工房(製造及び発送の拠点)
0721-25-5622


〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町23-8
フスボン代官山店(販売のみ)

資本金 1,000万円
TEL 0721-25-5622
フリー
ダイヤル
0120-240-815
問い合わせ時間:11:00 – 19:00 (火曜日定休)