糖質オフにぴったりなふすまパンの通販!糖質制限食・ダイエットに低糖質のふすまパン【フスボン】

Fusubon
  • 0120-240-815
  • カートを見る
  • ふすまパン “フスボン”とは
  • 店舗案内
  • 商品一覧
  • マイアカウント

用語集

その他

AGE

終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。
強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされている。

ATP

アデノシン三リン酸と呼ばれ、体内でエネルギーの通貨としての役割を果たす物質。
アデノシンに3つのリン酸がつながったもので、そのうちの端から2つが高エネルギーリン酸結合をしているため、加水分解されてリン酸が1つとれてADP(アデノシン二リン酸)、さらに1つとれてAMP(アデノシン一リン酸)になるときに大きなエネルギーが解放され、それが各種の生命活動のエネルギーとして利用される。
また、RNAの前駆物質としても重要。

SGLT2阻害薬

糖尿病に使われる治療薬の1つ。
血液中のブドウ糖(血糖)を尿中に排出させることで血糖値を下げる。

MCTオイルとコーヒー

MCTオイルのMCT(Medium Chain Triglycerides)とは「中鎖脂肪酸」のことで、MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%のオイルのこと。
中鎖脂肪酸はエネルギーをつくり出す働きがあり、母乳のほか牛乳やココナッツオイルなどに豊富に含まれている。
ちなみに、良質の豆のコーヒーに、無塩バター、MTCオイルなどを入れて飲む方法があり、「完全無欠コーヒー」と呼ばれている。
朝食などの変わりに、このコーヒーを飲むことで、ダイエット効果や頭の働きも良くなるなどの、効果があると言われている。

LDL-C / HDL-C

Cはコレステロールのことで、コレステロールとは、体内の細胞の膜を構成している成分で、生きていくために必要なもの。
血管中には、LDLコレステロール、HDLコレステロールが存在しており、LDLコレステロールが血管中に油分を運び入れる働き、HDLが血管中から油分を運び出す働きをしている。
このうちLDLコレステロールが血管中に溜まり過ぎると「動脈硬化」という、心筋梗塞などの原因となる状態を引き起こしてしまう。
そのため、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれ、反対の働きをするHDLコレステロールが「善玉コレステロール」と呼ばれている。

CRP(炎症)

CRPとはC-Reactive Proteinの略で、C反応性たんぱくを指す。
身体の中のCRPは炎症反応が強ければ多くなり、弱ければ少なくなるため、血液中のC反応性たんぱくを測ることにより、炎症反応の指標として検査されている。
身体の中で炎症が起きたり、細胞の破壊が起こると急激に増加してくるたんぱく質。

PET検査

がんを検査する方法の一つ。
検査薬を点滴で投与し、全身のがん細胞に目印をつけ、専用の装置で撮影することで、早期がん細胞まで発見する。

HbA1c

ヘモグロビン・エイワンシーと読む。血液中の赤血球の中で、体内に酸素を運ぶ役目を持つヘモグロビンと、ブドウ糖が結合したものの比率。
糖尿病の患者は血液中に増加する。食事のたびに変化する血糖値に対し、濃度が安定しているため、長期間にわたる血糖コントロールの様子を知ることができる。