糖質オフにぴったりなふすまパンの通販!糖質制限食・ダイエットに低糖質のふすまパン【フスボン】

Fusubon
  • 0120-240-815
  • カートを見る
  • ふすまパン “フスボン”とは
  • 店舗案内
  • 商品一覧
  • マイアカウント

用語集

か行

外皮

外側を包むかわ。
小麦などの穀物の外皮のことを「ふすま」と呼ぶ。

活性酸素

体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で活性酸素は自然に発生し、酸素を吸えば必ずできるもの。
さまざまな老化現象を起す悪者として有名であり、身体を守る働きも持っている。
身体に必要なものでもあるけれど、増えすぎると害になってしまう、というもの。

肝門

肝臓の表面の部位のひとつで、肝臓の下面の中央部付近にあり、いくつかの管などが狭いところに集まって肝臓に出入りする場所。

希少糖

国際希少糖学会により「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義された糖分です。代表的な希少糖には「キシリトール」「L-グルコース」「Dアロース」「D-タガトース」「D-プシコース」などがあります。

グラノーラ

シリアル食品のひとつ。主原料をふすま粉にすることで、ダイエットや糖尿病の方の糖質制限食品として利用できます。

グルコーゲン

カキ、エビなどに含まれている多糖類で、エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないもの。
普段は、肝臓や骨格筋等に蓄えられており、急激な運動を行う際のエネルギー源として、あるいは空腹時の血糖維持に利用される。

血液脳関門

脳血管から脳へ移行する物質を選択・制限する機構のこと。
血液中の物質を脳へ簡単に通さないようにすることで、脳を毒性物質から守る役割を持つ。
一方で、薬剤も通りにくくしてしまう。

血糖値

血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のこと。
健常なヒトの場合、空腹時血糖値はおおよそ80-100mg/dL程度であり、食後は若干高い値を示す。

血糖値スパイク(グルコーススパーク)

別名“グルコーススパイク”もしくは“食後高血糖”とも呼ばれる「血糖値スパイク」は、食後に血糖値が著しく上昇し、1日の中で血糖の変動が乱高下することを指す。
「糖尿病」は血糖値が常に高い状態を指しますが、「血糖値スパイク」は一時的に血糖値が高まるだけであるため、健康診断で検査しても気づきにくいといわれている。

ケトン体

体内の脂肪分解が多いと、それをもとに肝臓が合成する物質。糖質摂取が少なく、インスリン濃度が低くなると、脳でブドウ糖利用を減少させるため、脳がブドウ糖以外に唯一エネルギーとして利用できるケトン体を肝臓が供給するようになる。
インスリン分泌が枯渇していまう1型糖尿病(日本では10万人あたり2~3人が発症する稀な疾患。生活習慣の糖尿病は2型糖尿病)では、体内のケトン体が普通の人の空腹時におけるケトン体の10倍くらいに増えてしまい、身体が酸性(アシドーシス)に偏る。この状態をケトアシドーシスと呼び、昏睡やショックなどの症状が出る。

高インスリン血症

インスリンの働きが悪いと血液中の血糖値が高くなるが、この状態を抑えようとインスリンが過剰に分泌された状態。糖尿病の早期に起こりやすい。

抗酸化酵素

活性酸素種による細胞傷害を抑制する酵素の総称で、私たちの身体に備わっている自然な免疫システム。
体内で過剰に増えた活性酸素を消去し、酸化を抑える働きをする。

抗酸化物質

活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のこと。

高濃度ビタミンC

もっとも身体に優しい抗がん剤の1種。
特に癌患者に対して、抗がん剤や放射線治療の副作用を減らしたり、併用したりすることで癌そのものを小さくする効果があると言われている。

小麦グルテン

小麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。