10,800円(税込)以上お買い上げで送料半額!

糖質制限は逆算して考えること。準備が大事。

2017.05.18

こんばんは!

フスボン、オーナーです。

今日は糖質制限のコツをお伝えしたいと思います。

糖質制限を持続させるには、ちょっとした工夫が必要です。

お昼が終わったら夕食のこと、夕食が終わったら朝食のことを考える

お昼を食べた時点で、夜の食事はどうするかを考えないでいきあたりばったりで過ごしていると、

お付き合いや近くに糖質の低い食べ物がなく炭水化物を摂りすぎてしまうことが多いです。次の食事は、どこで何を食べているのかを考えることが糖質制限ではとても重要です。

少なくとも、昼食を食べた時点で夕食の事、夕食を食べた時点で朝食のことを考えておく必要があります。ずっと考えていると辛いように感じますが、慣れてくると習慣化して自然と出来るようになりますので少しづつ習慣化してみてください。

代謝を少し知るだけで、何をどれくらい食べればいいのかがわかる

また、食べ物が何に分解をされてどのように体内で合成するかを考えることも大切です。

代謝を理解することは、食べ物やサプリを判断する上でも役にたちます。

例えば、お肌の張りを維持する成分がコラーゲンだと聞いた途端に、コラーゲンのサプリを飲むとします。

一見、正しいかのように思いますが、コラーゲンは、消化器官でアミノ酸まで分解されて、体内でコラーゲンを再合成します。
つまりコラーゲンでなくとも、タンパク質や必須アミノ酸をきちんと摂取できていれば必要なコラーゲンは合成されるわけです。

骨粗しょう症の方が、カルシウムを摂る場合は、どうでしょうか。

これは、カルシウムを含む食べ物が限られているという点と、カルシウムは、それ以上分解できない最小単位の原子になります。なので、カルシウムを摂取することは、骨の強化につながります。(ちなみに、ビタミンDをカルシウムと一緒に摂るとカルシウムの吸収がよくなるので、カルシウムサプリにはビタミンD配合のものが多いです。)

そもそも人はなぜ太るのかなど、糖質やタンパク質、脂肪の分解や吸収の仕組みを逆算して考えれば糖質の摂り過ぎにも気を付けるようになります。

コラーゲンが足りないからコラーゲンを摂るというように言葉の自動機械にならずに少しだけ立ち止まって調べてみることも必要ではないでしょうか。

フスボンは冷凍で4か月持ちますので、冷凍庫に忍ばせておいて頂ければ、いつでもあなたの糖質制限ライフをサポートします。フスボンを糖質制限ライフに上手に活用してくださいね!

INFORMATION

店舗情報

Copyright © Fusubon. All Rights Reserved.

PAGE
TOP