糖質オフにぴったりなふすまパンの通販!糖質制限食・ダイエットに低糖質のふすまパン【フスボン】

10,800円(税込)以上お買い上げで送料半額!

フスボンの抹茶のこだわり

2017.04.19

こんにちは、Fusubonオーナーです。

本日はフスボン商品で使用している抹茶リニューアルのご紹介です。現在フスボンでは5商品で抹茶を使用しております。

☆抹茶カカオwithアーモンド
☆抹茶あんバターロール
☆フィナンシェ抹茶
☆チョコとピーカンナッツの抹茶マフィン
☆抹茶クッキー

上記商品に使用している抹茶は、京都和束町「d:matcha Kyoto」さまの抹茶となります。

「d:matcha Kyoto」さまの抹茶へのこだわり

①d:matcha Kyotoの抹茶は農家直送
d:matcha Kyotoの抹茶は、農家が茶畑から収穫したものを、直接消費者へお届けしています。
通常のお茶の流通経路では卸売市場や問屋を経由しますが、農業を営むd:matcha Kyotoが自ら企画・販売をしているため、値段を押さえて良質な抹茶を提供できます。

②「宇治茶」の約4割を生産するお茶処「和束町」
d:matchaのお茶が生産されたのは京都府の南に位置する和束町(わづかちょう)です。
「日本で最も美しい村」連合にも加盟しており、町の中央には清流が流れ、山里には緑が輝き、澄み切った自然の中でのびのびとお茶を栽培しています。

和束町は古くから香り高い高級煎茶を栽培し、現在では「宇治茶」と呼ばれるお茶の4割弱を生産する一大産地です。
「宇治茶」と銘打ってあるお茶を飲んだ時には、知らず知らずのうちに和束町のお茶を飲んでいる方も多いでしょう。

③和束町はお茶を栽培するのに恵まれた環境。秘密は「霧」にあり和束町のお茶の美味しさの秘密はその地形にあります。
町の中央を川が流れているほか、町全体がすっぽりと森林に囲まれています。
その川と森林が「霧」を生み出しやすい環境となっており、この「霧」がお茶の旨み・甘味を引き出す秘密です。

お茶の木は根っこから土壌の養分を吸収し、旨み・甘味成分である「テアニン」を葉に蓄えます。
しかし、テアニンは日光を浴びると苦味・渋み成分である「カテキン」に変化してしまいます。
そのため、玉露や抹茶などの高級茶を作るときには、一定日数を黒い寒冷紗(かんれいしゃ)と呼ばれるシートをかけ、日光が当たらないように育てます。一般的には植物の育成に必要な日光ですが、茶葉の栽培の際には直射日光を遮りたいタイミングがあるのです。

そこで、和束町の地形が有利に働きます。
昼夜問わず発生する霧が、茶の木へと直射日光がかかるのを防ぎ、茶葉のテアニンがカテキンへ変化することを抑制してくれるのです。
いわば、和束町全体が旨み・甘味成分をたっぷり含んだお茶をつくるのに適した土地。
その自然環境を活かしたお茶は、日本中から高い評価を得ています。

④高品質な抹茶を、パティシエとのタッグで独自にブレンド
収穫されるお茶には、品種や育ち方によって様々な個性があります。
その個性を最大限生かすのが「合組(ごうぐみ)」とよばれるブレンド技術。
d:matchaでは、お茶を熟知した農家メンバーに加えて、菓子のスペシャリストである専属パティシエがともにディスカッションしながら、何百回にも及ぶ試作の中で最適なブレンド比率を考案、パンやお菓子にマッチするよう抹茶のコクや苦みを調整しています。
そのブレンド技術により、どんな商品にも抹茶の個性がキラリと光るような、ベストな抹茶を提供しています。

生産者の想いが詰まったフスボンの抹茶商品をぜひお楽しみください。

投稿者プロフィール

川谷 洋史
川谷 洋史フスボンオーナー
1980年12月大阪生まれ。
東京工業大学 建築学科卒。
一級建築士。大学卒業後、家業であった建設関係の会社に勤務。
2007年より友人と設計事務所を立ち上げ構造計算業務を担当。
2012年ごろより糖質制限にハマり、低糖質で無添加、良質な脂質、人工甘味料を使用しないパンやスイーツがないことから、自作を始める。
2014年9月にフスボンを立ち上げ現在に至る。

趣味
食べること、スポーツ観戦、サウナ、ゴルフ、ゲーム、登山、Youtube

マイブーム
糖質制限×サウナ×オーソモレキュラー

INFORMATION

店舗情報

Copyright © Fusubon. All Rights Reserved.

PAGE
TOP