糖質オフにぴったりなふすまパンの通販!糖質制限食・ダイエットに低糖質のふすまパン【フスボン】

Fusubon
  • 0120-240-815
  • カートを見る
  • ふすまパン “フスボン”とは
  • 店舗案内
  • 商品一覧
  • マイアカウント

寒い冬は、フスボンとお鍋で身体を温めるのがオススメ!

2017.02.04

こんにちは、

fusubon shop ビシェットです!

今回は、寒い冬対策のフスボンと鍋について紹介したいと思います。

前回の記事で紹介したプロント(一部店舗)でのフスボン取り扱いも開始しましたが、
ぜひこの寒い時期には
コーヒーとフスボン、
スープとフスボン、
など温かい飲み物と一緒に食べて体を温めてくださいね!
そして、こんな寒い時は鍋がオススメです!

寄せ鍋、もつ鍋、ちゃんこ、すき焼き、石狩鍋、チゲ鍋、チーズ鍋、豆乳鍋、などなど。
あらゆる具材が使えて、美味しく食べられる鍋料理はまさに冬の主役と言っても過言ではありません。
そして、鍋料理は糖質制限食としても、とても使えるメニューなので、ポイントを簡単にご紹介します。

【ポイント1】
糖質の少ない具材が多い

鍋料理の具材はメインとなる魚や肉をはじめ、白菜、キャベツ、豆腐、卵、こんにゃく、白滝、キノコ類、大根、人参、ごぼう、ニラ、水菜、春菊など。
どれも糖質の少ない食材ばかりです。
「鍋の締めは麺」という方も多いですが、最近ではこんにゃく麺など糖質の少ない麺も多く販売されており、最後まで糖質の少ない料理を楽しめます。

【ポイント2】
野菜がたっぷり食べられる

健康維持のためのミネラル補給分として、野菜の摂取は欠かせないでしょう。
1日の食事における野菜の摂取目標は350gと言われています。
350gもの野菜を生で食べるのはなかなか大変です。
鍋料理は野菜を多く摂れる料理です。
白菜、キャベツ、大根、にんじん、ゴボウ、こんにゃく、白滝、水菜、春菊、ニラ、ネギなど、多くの種類の野菜が使えます。
また、鍋の中で野菜が煮込まれるためかさが減り、より多くの量の野菜を食べることができ、1日350gという摂取目標も達成しやすくなります。

【ポイント3】
身体の中から温まる

今の季節、身体の中から温め、冷やさないようにすることが、健康を保つポイントでもあります。
部屋を暖かくしたり、暖かい格好をしたりすることで身体を寒さから守ることができますが、身体の中から温めるのはなかなか難しいです。
運動したり、お風呂に入ったりする方法がありますが、手早く温める方法は、やはり食事かと思います。
鍋料理はしっかり煮込まれた具材とスープを食べるため身体の中から温められます。

最後に、、
鍋に関してはここを読んでいる方はご存知の方も多いかもしれません、、

鍋の締めと言ったらご飯か麺類!!
と言った方が大半でしょう。
しかし、炭水化物には糖質がたくさん含まれています。

そこで、「締めをフスボンの低糖質ふすまパンへ置き換える」ことをオススメしたいです!

鍋だけだと少し物足りないな~
という方にぜひフスボンで締めてみてください!

満足度◎です!